FC2ブログ

膀胱炎にご注意を!

こんにちは、今日は2回目の書き込みです。最近、膀胱炎の患者さんが増えています。


膀胱炎は、細菌が膀胱内に入り、炎症を起こすもので、症状としては頻尿・排尿時痛・残尿感・血尿などがあります。

どうしても解剖学的に女性は男性に比べ尿道が短いため、細菌が入りやすく、膀胱炎の7-8割が女性に発生します。

では、なぜこの時期に膀胱炎が増えたのでしょうか?

私なりに考えてみました。

①暑いため、水分摂取しても汗になってしまい、尿が少なくなるため: 膀胱内に細菌が侵入しても尿が多く作られていれば、膀胱炎になる前におしっこと一緒に細菌が体外に排泄されますが、尿の量が少ないと膀胱内で細菌が繁殖してしまい、膀胱炎を引き起こす。

②冷房の影響で‘膀胱’を含む下腹部が冷える:下腹部が冷えると、特に膀胱の血液の流れが悪くなり、抵抗力が落ち感染しやすくなる。

③疲労やストレスで抵抗力が落ちる:やはり夜も暑さが続くため、不眠や疲労が抜けず、それにより感染しやすい状態になる。

④湿度が高いため、汗をかきやすく、外陰部が清潔に保てない。

などが、今膀胱炎に多く罹患している理由だと思います。

なかなか膀胱炎で受診するのが恥ずかしいという人がいますが、当クリニックでは、通常問診と検尿である程度膀胱炎を確信できる場合は、尿の細菌培養検査をするぐらいで、内診などの診察は基本的にはしません。

ですので、おかしいなーと思ったら早めに受診することをお勧めします。
もし、我慢していると、腎臓まで細菌が侵入してしまい、急性腎盂腎炎を引き起こすことがあります。症状として39度近い高熱・腰痛に膀胱炎の症状が合わさる感じですが、こうなると点滴が必要。場合によっては入院治療になりますので、繰り返しになりますが、早めの受診をお勧めします。

治療としては、やはり抗生物質内服が基本。約3-7日内服すれば、通常は問題なくなります。

膀胱炎は日常生活での予防が可能な病気だと思います。逆にいえば生活習慣で何度も繰り返してしまうことがある病気です。以下のことを注意して膀胱炎にならないよう心がけてください。

①水分はまめにとる。

②おしっこをがまんしない

③下腹部を冷やさない。

④排便後にティッシュでふく場合、前から後ろにふくことを心がける。(膀胱炎の原因菌の多くは大腸菌で、その大腸菌が便に多く存在するので、後ろから前にふくと、大腸菌を尿道のほうに誘導する可能性がある。)

⑤便秘をしない。(便秘をすると肛門周囲に大腸菌が多数存在数状況になる。)

⑥外陰部を清潔に保つ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アラフィフuro

Author:アラフィフuro
伊達市保原町で泌尿器科・内科を開業しているアラフォー院長です。グルメに野球・サッカー・泌尿器科など徒然なるままに書いていきます。

記事から探す
気になるお店やロッテを入力して「検索」をクリックしてください。
最新記事
最新コメント
今日は何の日?
FC2カウンター
オンラインカウンター
ラーメン時計
今何時?
facebook
facebook
ご意見・ご感想はこちらから
ブログに対する感想・意見、またグルメ情報などいろいろお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ランキング
QRコード
QR
最新トラックバック