FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さと頻尿

おはようございます。今日は昨日までとは打って変わって寒い朝、それも風が強く雪が舞っています。

そんな悪天候ですが、今日の午後2時から市民公開講座をさせていただきます。

私は“過活動膀胱”についてお話しさせていただきますが、その原稿を作るにあたり勉強したことを、ちょっとここに書いてみたいと思います。

寒くなると、患者さんから頻尿(夜間頻尿)が強くなったとよく言われます。原因はいろいろ考えられるが、一つ寒冷刺激の関与があるようです。

ラットでの実験であるが、室温28度から4度の冷所環境へ移動した場合、はじめ頻尿が誘発られ、その後は徐々に頻尿が改善、その後28度の室温に戻すと正常な排尿サイクルに戻るものがあります。

(Imamura T、Ishizuka O,Aizawa N,:cold environmental stress induced detrusor overactivity via resiniferatoxin-sensitive nerves in conscious rat. Neurourol Urodyn 27 348-352 2007)

このことからも寒冷刺激が頻尿を誘発するのがわかります。

そもそも、人には温度感受性の受容体を持っています。(TRPチャンネル)

このTRPチャンネルには様々なsubtypeが存在するが、そのうち寒冷に反応するものはTRPM8とTRPA1と言われている。
このうちTRPM8はヒトに冷感を起こさせるメントール(ミントの成分)に反応するチャネルが、冷刺激(8-28℃)に対して選択的に反応する。分布として、皮膚(感覚神経)のみではなく、膀胱上皮・前立腺に存在しているようです。

皮膚においてはラットにおいて、下肢・背中に分布が多く、また同部にメントール塗布した場合、濃度依存的に頻尿が誘発されたという報告がされています。

(Chen Z, Ishizuka O, Imamura T, et al:Stimulation of skin menthol receptors stimulates detrusor activity in conscious rat. Neurourol Urodyn 29 506-511 2009)

また、TRPM8は膀胱上皮・前立腺にも存在することから、背中や下肢、および下腹部を温めることで頻尿を改善できるのではと想像できます。

実際、患者さんの話をよく聞くと、夜電気毛布を強くして下肢を温めたら、夜間頻尿が改善したとか、ウロマスター(膀胱に対する低周波刺激、患者さんからは下腹部がよく温まるといわれている。)を施行した後は頻尿が改善した(神経刺激の可能性も強いが・・)と聞いている。

 小林らは足湯を就寝前1時間以内に40度の湯で10分間、夜間頻尿患者に行ったところ夜間頻尿が改善したと報告している。

(小林たつ子:泌尿器科ケア 15 no.3 71-73 2011)

以上から、寒さにより頻尿が増強する患者さんにおいては、日中は下腹部や背中、下肢などをカイロなどで温めることや就寝前に湯船につかってから寝ることや寝るときに厚手の靴下をはくや電気毛布を使うなどすることが予防になる可能性があると思われる。

 高齢者はもともと代謝が落ちていることが多く、冷えを伴う場合が多い。このような場合、外界から温めるだけではなく、内部より温めることができれば、より頻尿の予防になるのではと思われる。冷えに対する治療として漢方がよくつかわれる。当帰四逆加呉朱萸生姜湯は末梢の血流を改善して、しもやけや冷えを改善するといわれている。また、八味地黄丸は下半身の冷えに有効といわれ、実際ラットの実験で八味地黄丸エキスを全投与した場合冷えストレスを与えても高度の頻尿は誘発されなかったといわれている。

このことからも、高齢者で冷えを伴い、頻尿が増強している場合には、漢方薬を併用することで効果が増強できる可能性があると思われる。

寒さと頻尿って奥が深いなーと今回思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アラフィフuro

Author:アラフィフuro
伊達市保原町で泌尿器科・内科を開業しているアラフォー院長です。グルメに野球・サッカー・泌尿器科など徒然なるままに書いていきます。

記事から探す
気になるお店やロッテを入力して「検索」をクリックしてください。
最新記事
最新コメント
今日は何の日?
FC2カウンター
オンラインカウンター
ラーメン時計
今何時?
facebook
facebook
ご意見・ご感想はこちらから
ブログに対する感想・意見、またグルメ情報などいろいろお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ランキング
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。